チェコ出張記

12月の頭にBROKISのあるチェコに出張に行ってきました。

羽田発の深夜便、朝4時にパリCDG空港で乗り換えて、まずはチェコに到着

明日からのチェコの南の田舎町でのエージェントミーティングに備えて、プラハで1泊。

この時期のプラハは16時には日が暮れてしまいますが、

街中がクリスマスツリーでライトアップされて、

いつ来てもキラキラと幻想的。

どんな小さな広場にもクリスマスツリーとクリスマスマーケットがあって、

厳しい季節にその存在が人々の拠り所になっているんだな、と感じます。

この日は完全にオフだったので、一人で街をぷらぷらと散歩しながら、

チェコの最新デザインショップで、若いデザイナーの作品の説明を店員さんに聞いたり、

プラハに来ると毎回覗いているガラクタ屋さんで、

前回日本に連れて帰ったマリオット(チェコ名物の操り人形)の友達を探したり、

お土産物屋さんに並ぶ‘ボヘミアンガラス’の現状にちょっとがっかりしたり、きままな散歩を満喫しました。

そしてやはりチェコと言えばピルスナービール。

元祖Pilsner Urquellを堪能しつつ、プラハの夜は更けていきました。

タグ: