防水加工


本革は生きており、自然の素材であるため、人工的な素材に比べて繊細といえます。 彼らは研究を重ね、シミの付着や膨張を防ぎ、撥水効果のある本革をつくることに成功しました。しかしながらCASINIでは、革の表面を完全防水ではなく、あえてwater-resistant(耐水性)加工を施しています。 あらゆるものに耐えられる加工を施せば、天然素材の良さを損ねてしまうからです。

液体や食べ物が付着した際、速やかに拭き取り、ケアをすればシミになりませんが、 その点をあらかじめご理解ください。

タグ: