ONLINE STORE TOP > Henry Dean

top_joe.jpg

器の口が横に広く、高さもある「Joe」(ジョー)は、ボリュームのある花束や、少し背の高い花を入れるのに適しています。昨年の発売以来リピートが絶えないアイテムです。

top_stromboli.jpg

人気の「Stromboli」(ストロンボリ)コレクションはS,XSの両サイズ共に活けやすく、リピーターの絶えないアイテムです。

top_venere.jpg

2020年6月新登場の「Venere」( ヴェネレ)はイタリア語で金星を意味します。まさに一輪挿しの王道と言っても過言ではないフォルム。SとLを並べて使うのもオススメです。

top_temple.jpg

ボウルタイプ「Temple」(テンプル)は、水を張って涼やかに花を飾るのがオススメです。様々なアレンジが楽しめそうです。

top_pipe.jpg

初めてのHenry Deanとして選ぶなら「Pipe」(パイプ)コレクション。

top_joseph.jpg

短めの花や小さなブーケにピッタリの「Joseph」(ジョセフ)コレクションは、小さなギフトアレンジメントの器にも。

top_bern.jpg

どこか懐かしい雰囲気を感じる ミルク缶の形をした 「Bern」 (ベルン)。実はこのフォルム、花が活けやすいのでプロにも人気です。

top_julien.jpg

小ぶりの「Julien」(ジュリアン)は一輪挿しとしてとても優秀。小さくても重さがあるので、長さのある花もうけとめます。花を片方に傾けて活けると上級者風に見えますよ。

top_lama.jpg

コロコロとした安定感のあるフォルムが人気の「Lama」(ラマ)が復刻されました。花を活けずにオブジェとしても空間にその存在感を放ちます。

top_grass.jpg

どのサイズも一輪挿しとして活躍してくれる「Grass」(グラス)コレクション。ちょっとユーモラスな表情が人気です。

top_drop.jpg

小さな花を優しく受け止めてくれる「Drop」(ドロップ)は、テーブルセンターの一輪挿しにオススメです。飾っていた花を切り戻して短くなったときにも。

top_fumiko.jpg

口の部分が小さな「Fumiko」(フミコ)は花をしっかりと止めてくれるので、どんな花もとても上手に活けられます。(茎の太い花には向いていません)

top_akiko.jpg

毎シーズン大人気の「Akiko」(アキコ)。一輪の花を活けるだけでも、剣山を使ってしっかりとアレンジしても、キャンドルホルダーにも最適です。

top_barbat.jpg

一輪挿しらしい形状ながらたっぷりと花を受け止めてくれる「Barbat」(バルバット)コレクション。

top_femeia.jpg

「Femeia」(フェメイア)コレクションは高さが低いので、花を引き立ててくれますが、その重量でしっかりと長い枝も支えます。

top_mercer.jpg

有機的なフォルムが美しい「Mercer」(マーサー)。たっぷり花を活けても、片側に流して一輪でも。

top_rhodos.jpg

ブーケを飾るのに適したサイズの「Rhodos」(ロドス)。どんな花にでも合わせやすいカラーが嬉しい。定番として手元に置いておきたいフラワーベースです。

top_bottle.jpg

名前の通りボトル型のノスタルジックな「Bottle」(ボトル)コレクション。薄型、縦型、正方形と3種類の個性的なフォルムはどれも花を一輪挿すだけで画になります。

top_august.jpg

たっぷりと花を活けられる「August」(オーガスト)は高さが低いのでテーブルセンターなどにも。

top_D-Bottle.jpg

ノスタルジックなフォルムの「D.Bottle」(ボトル)は、フラワーベースとしてもカラフェとしてもお使いいただけます。

top_tablecollection.jpg

Henry Deanが提案するテーブルウェアコレクションは、機械で作ったものには出せない、ガラスの温かみを感じられる素朴なコレクションです。

TISTOU OFFICE 〒420-0810 静岡市葵区上土2-20-14 Tel: 054-208-2239(商品問い合わせはこちらに)

TISTOU SHOWROOM  〒111-0051 台東区蔵前3-7-3    Tel: 03-5829-4085  Email: info@tistou.jp 

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon